ワキガの手術を受ける前にノアンデ

重度のワキガは手術しかない?ノアンデを使ってからでも遅くない!

 

 

 

ワキから嫌なにおいが発生する仕組みは、ワキに存在する汗腺「アポクリン腺」から分泌された汗を雑菌が分解し、においを発生させるというものです。
アポクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質などの成分が含まれており、ワキに潜む雑菌はその成分を餌にすることで繁殖します。
雑菌が脂質やタンパク質を分解する際にワキガのにおいが発生してしまうため、ワキガを改善するためには、アポクリン腺から分泌される「汗」とワキに潜む「雑菌」の2つを抑制していかなければなりません。
アポクリン腺は、生まれたときから遺伝などによって数が決まっているため、努力すれば減らせるというものでもありません。
そのため、アポクリン腺の数が多くて重度のワキガとなってしまっている人は、手術で汗腺を取り除いて症状を改善していく場合もあるのです。

 

ワキガ手術を検討する前に試してもらいたいのが「ノアンデ」です。
ノアンデは、ワキガを抑えていくための専用デオドラントクリームとして開発され、これまでに多くの愛用者のにおいの悩みを解消しています。
制汗成分だけでなく、高い除菌効果が期待できる殺菌成分も含まれているので、汗を抑えながらワキガの原因である雑菌にも対応できます。

 

 

 

ワキガ手術のリスク

 

 

ワキガ手術は、デオドラント製品などを使用した一般的な消臭方法と比較すると、効果の持続性が高いと言われています。
しかし、ワキガ手術にはメリットだけでなくデメリットもあるため、ワキガの人は必ずしも手術を受けたほうが良いとは言い切れません。
まず、ワキガ手術はワキガを完全に治してしまえるものではありません。
アポクリンセン腺を全て除去してしまえれば、ワキの嫌なにおいを完全に消してしまうことが可能になるかもしれませんが、アポクリン腺を全て取り除くことは難しいと言われています。
ワキにあるアポクリン腺は、胸にかけても広がっているため、手術をしても少しの取り残しができてしまう可能性が高いです。
ほんの少しの取り残しからにおいが発生することがありますし、再びアポクリン腺が発達してワキガが再発してしまうこともあるようです。
また、体の一部の汗腺を取り除いてしまうことで、全体的な発汗機能のバランスが崩れてしまうケースもあります。
ワキからこれまでと同じ量の汗を発汗できなくなった分、ほかの部位から大量の汗が吹き出るようになることもあるというわけです。
代償性発汗と言われることもあり、ワキガ手術を受けた際の副作用と考えて良いでしょう。

 

 

 

まずはノアンデを使うのが正解

 

 

ワキガ手術は、ワキガの症状がどうしても改善されなかったときの最終手段として受けている人が多いため、まずは自分でできる対策を実行してみるのが良いかと思われます。
ワキガの人のために作られたノアンデなら、市販の制汗デオドラントでは誤魔化すことができなかった酷いにおいも抑えられるかもしれません。
ワキガの原因である「汗」と「雑菌」の両方に働きかける有効成分が含まれており、そのほかにもにおいを抑えるための成分がたっぷりと配合されています。
ほぼ100パーセントと言われる殺菌力でワキ下の雑菌を減らし、アポクリン腺から分泌されるべたべたとした汗を抑制できれば、自然とワキのにおいが気にならなくなっていくでしょう。

 

ノアンデの魅力は、ワキガをきちんと抑えていけることだけではありません。
ノアンデはクリームタイプのデオドラント製品ですが、少量で伸びが良く、塗った直後はサラリとした肌触りを実感できます。
お出かけ前に塗ってもすぐに服を着られますし、お休み前に塗ってもべたつきで寝心地を邪魔する心配がありません。
朝のワンプッシュで日中のワキ汗を抑え、夜のワンプッシュで就寝中の雑菌の繁殖を抑えられれば、1日2回の簡単なケアでワキガを改善していけるでしょう。

お得な公式サイト↓