多汗症の人が更年期になったら臭いケアも必要

多汗症の人が更年期になったら臭いケアも必要

気温などに関係なく暑くないのに「大量に汗が出る」、さらに「のぼせ」や「ほてり」、といった症状は「ホットフラッシュ」と呼ばれていて、更年期障害の代表的な症状のひとつです。
女性の更年期障害でも同じ症状があります。
このホットフラッシュは更年期障害の初期に現れる症状といわれているのです。
身体が熱くなってきて頭がぼーっとしてしまうという症状だと、風邪気味あるいは疲れているのかなと勘違いしまうことがあります。
男性のホルモン低下は、女性と比べて緩やかに下降します。
ですから、自分でも気がつきにくいかもしれません。
男性ホルモンに欠かせないのは、活性型テストステロンと呼ばれていて、その量は個人によって違いがあるのです。
普段とは違う多汗やのぼせ、ほてりは男性更年期の始まりのサインです。
早めに医師に相談するようにしましょう。

 

更年期には多汗症でない人でも突然の発汗

汗かきでなかったのに更年期になってから汗かきになった気がする。
汗かきがもっと汗かきになったのでしょうか。
突如として多量の汗が発生するのは更年期の汗です。
いわゆる多汗症とは違うのです。
更年期の汗かき・多汗は更年期障害の症状でもあるのです。
更年期の汗かき・多汗の原因は、汗腺の調節機能の減少が主な原因です。
そのため、運動もしていないのに汗をかいてしまうのです。
汗腺のコントロールができないので、時・場所おかまいなしとなってしまうのです。

 

更年期の汗かき・多汗の特徴
更年期の汗かき・多汗には特徴があるのですが、更年期だとちょっとしたことで汗がでます。

 

更年期の発汗はイライラなど精神的症状やストレスのため、ちょっとしたことでも汗がでてしまうのです。

 

更年期だと上半身に汗が出やすくなります。

 

更年期は汗腺機能だけでなく体温調節機能が低下してしまい、血流も悪くなってしまいます。
そのため、気温というよりは下半身の冷えに反応し、上半身に汗が出やすくなるのです。
一般的な多汗症は手足の汗かき・多汗が多いのとは対照的といっていいでしょう。
更年期の汗はベタつく。
→大量に出る脇汗

 

運動など生理的な発汗の汗はサラッとして「さわやかな汗」でにおいも少ないのですが、更年期の汗はべトベトして、蒸発しにくく、においもきつくなり「いやな汗」となります。
ですから、汗を拭いてもスッキリしないのです。

 

病院の治療で治る?

 

2012年から重度の「腋窩多汗症<原発性局所多汗症>」と診断されると、健康保険が適用されるようになりました。
多汗症の重症度は、「どれくらい汗が気になるか」「どれくらい日常生活に支障があるか」という視点で診断されています。
まず病院の治療では、塗り薬が処方されます。
これで7〜8割の人が改善します。
しかし、塗り薬で効果がない人は、これまでは神経を切断したり、汗腺を除去したりする手術が行われてきました。
ところが最近は、手術という治療法でなくとも、ボトックス注射などでわき汗の治療ができるようになったのです。
ボトックス注射は、美容のシワ取りでも知られていますが、世界80か国以上で認可されている治療法です。
ボトックスは、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質から精製された薬です。
これをわきの下に直接注射することで交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックし、それによって発汗を抑えることができるのです。
注射にかかる時間は、診断や検査の時間を除けば、5〜10分程度となります。
注射後は、ほとんど副作用もありません。
1回注射することで4〜9か月持続するので、年1〜2回の治療で汗を抑えることができます。
この注射は、日本でもこれまでに、まぶたや顔面けいれん、肩や首の筋肉の張りによる異常姿勢、脳卒中に由来する手足のつっぱりの治療としても使われてきたもので、安心して行える治療法となっているのです。
この治療が健康保険で1回約3万円(2015年2月現在、3割負担の場合、診療費は別)で行えるのです。

 

通勤中に電車内で急な発汗!対策は?

電車内で汗をかくと、脇汗でできる汗ジミが恥ずかしくてつり革が持てないということもあるでしょう。
顔にかく大量の汗でメイクが落ちて恥ずかしかったり、さらに汗の臭いが気にならないか心配になることもあります。
通勤などで毎日電車を使っている場合、満員電車の辛さに加えて汗の悩みがあると、毎朝会社に行きたくなくなるという人も少なくないでしょう。
特に電車内でも汗が気になる季節は夏と冬です。
夏と冬は外気温と電車内の温度の差が大きいので、体が汗をかきやすい状態になるのです。
そんな季節でも、電車の中で汗をかかないポイントは5つあります。
・呼吸を落ち着かせから電車に乗る
・首元を冷やす
・通気性の良い服装を心がける
・汗腺の働きを抑える制汗剤を使用する
・気にしすぎない
まずは、これらのポイントに気をつけて、汗のせいで、電車で恥ずかしい思いをしないようにしましょう。
ちょっとした手間で電車内での汗を減らすことはできるのです。
電車内で他の人の汗や汗の匂いが気になると自分の汗も気になりものです。
事前にしっかりとしたケアしておけば他の人に迷惑をかけるケースは少なくなります。
正しいケアをしていれば、汗は減らすことができます。
そして、大切なのは深刻に考えすぎないことも大切です。

お得な公式サイト↓