冬の脇は臭い!ワキガ臭は冬こそ注意が必要!その理由と対策

冬の脇は臭い!ワキガ臭は冬こそ注意が必要!その理由と対策

 

 

ワキガは汗をかく夏に強く臭うものです。

 

制汗剤も夏場にはドラッグストアやスーパーに所狭しと並んでいるのをよく見かけます。

 

いっぽうで、「冬だから油断したら臭くて困った」「セーターやコートににおい移りしている」

 

といったトラブルで悩む人も少なくないのです。

 

夏場はもちろんですが、

 

冬までワキガで悩むことになろうとは誰も考えていないのではないでしょうか。

 

夏よりも臭いが強くなる「冬ワキガ」というのがどうして起こってしまうのでしょうか。

 

 

夏よりも注意したい冬ワキガ

 

夏は暑さで汗をかきます。

 

それで、臭いが強くなるのは納得できます。

 

冬は気温も下がり、寒くなるので汗はかきにくいはずです。

 

そんな冬はワキガにとっては休息の時期のはずなのです。

 

 

冬と夏の汗腺の働き方は異なっている

 

夏には上昇する体温を汗が調節します。

 

それによって、汗腺も活発に働き流れるような汗をかくのです。

 

ところが気温が低いと、働きものの汗腺はとたんに怠けてしまって汗をかきにくくなるのです。

 

ワキガの人にしてみると「汗をかかないのでラッキー」と思いがちですが、

 

汗は皮膚の汚れや雑菌を洗い流す役目もあるのです。

 

夏は確かにワキガの臭いもしますが、老廃物を流してくれているのですね。

 

夏もしっかり水分を補給しないと、腎臓のろ過機能が低下してしまいます。

 

それによって、むくみが起こるので注意です。

 

また水分不足は肌の乾燥を引き起こす、毛穴から老廃物は排出されにくくなるのでアポクリン腺の汗に老廃物やタンパク質が混ざってしまうのです。

 

ここまででお分かりだと思いますが、

 

汗の量は少なくてもにおいの濃度だけが高くなってしまうのです。

 

それによって、夏よりも冬の方がワキガを強く感じるということですね。

 

 

冬にも臭う原因

 

室内は暖房が効いているとはいっても、外気は冷たく、コートやセーターを重ねないと外出できません。

 

ヒートテックなどの、冬向け下着やコーデュロイのシャツなどを重ねて

 

着用するので室内に入ると、実は汗をかきやすくなるのです。

 

冷えから体を守る高機能の下着というのは、

 

汗をキャッチして放熱するのでにおいが分散されやすいです。

 

通気性のよい綿の下着を身につけても、ウールやポリエステルといった暖かい衣類に阻まれてしまって汗が乾きにくくなっています。

 

においの原因となる汗が、衣類と肌の間に挟まれて、体温が上昇するとそれが臭いとなって発散されるのです。

 

また冬の衣類はにおいを吸着しやすく洗濯できないものが多いので、一度衣類に臭いがしみ込んでしまうとなかなか消えることがありません。これも冬にワキガのにおいが強く感じてしまう理由の一つなのです。

 

 

冬のワキガ臭対策

 

熱中症対策のため、バックにペットボトルを携帯していた人も、

 

冬になるとなぜか持ち歩く人がほとんどいません。

 

人間の体の80%近くは水分でできています。

 

これだと冬でも脱水症状を起こしてしまうのです。

 

寒い時に冷たい飲み物はあまり飲みたくはないでしょう。

 

ですから、コーヒーやスープなどの温かなものを口にする機会が増えます。

 

これらは食事と同じで水分ではありません。

 

常温の水やお茶などをこまめに補給するようにしましょう。

 

マイポットに温かいお茶を入れてオフィスに持ち込むのがいいでしょう。

 

特に暖房を使うと暖かく感じますから、水分を取る事を忘れがちになります。

 

特に女性は水分不足が続くと、お肌も乾燥してシワやシミの原因となります。

 

自分では「喉が渇いた」と感じる機会が減っていても、冬もしっかり水分は補給しておきましょう。

 

 

重ね着はできるだけ控える

 

あまり薄着になるのも季節感がありませんが、寒いからと何枚も衣類を重ねてしまうと

 

湿度が高くなって蒸れが起こりやすくなるのです。

 

特に脇や腰回り、陰部などににおいがこもりやすいので、それがワキガの原因をつくるのです。

 

「足首・首・手首」はできるだけ外気にさらさないようにして温めます。

 

首は肩こり予防にもなります。

 

ここが冷えない事で厚着をしなくても十分に体がポカポカするのです。

お得な公式サイト↓