きつい男性の体臭はアンドロステノンが原因だった!

きつい男性の体臭はアンドロステノンが原因だった!

体の臭いは他人に迷惑をかけてしまいますし、嫌われてしまうこともありますので改善したほうが良いことです。
その体臭でいじめにあうこともあれば仕事で失敗してしまうこともあります。
自分では気づかない人がいますので、何で嫌われたり失敗したのか分からないという人もいます。
他人に言われて初めて気づく人もいますが、かなりショックを受けるのではないでしょうか。
こうした体臭は男性に多く発生しますが、その体臭に含まれている成分の中にアンドロステノンというニオイ物質があります。
このアンドロステノンが男性の体臭の原因の一つになっています。
体臭の原因となる成分にはケトン類やアルデヒド類、アミン類などがありますが、その中でも女性より男性に多く含まれている揮発性ステロイドに着目した実験で、アンドロステノンが不快にさせているということが分かったのです。
また、アンドロステノンは汗と混ざることによって臭いが強くなりますし、脂肪酸などの臭い成分の臭気や不快度も増してしまいます。
このようなことからも分かるように、男性の体臭の原因となるアンドロステノンが体臭そのものを強くしていますので、体臭を改善するときにはアンドロステノンを抑制する必要があるのです。

 

アンドロステノンの臭いは女性が最も嫌う臭い

 

男性なら誰しも女性には嫌われたくないでしょう。
それが他人であっても家族であっても同じことです。
ましてや付き合っている彼女に嫌われてフラれることがあればショックでしばらくの間、立ち直ることもできません。
また、嫌われる原因が臭いだったらもっとショックかもしれません。
女性が大嫌いな臭いの一つにアンドロステノンがありますが、このアンドロステノンが女性は大嫌いだという実験結果もあるくらいです。
その実験では、アンドロステロン、アンドロスタジエール、アンドロステノンという3つの揮発性ステロイドの臭いを女性20人に嗅いでもらいました。
するとアンドロステノンだけ不快に感じるということが明らかになったのです。
また、臭いを嗅ぐだけではなく脳波計測も行ったところ、同じような結果が出たのです。
それと、アンドロステノンの臭いを女性に嗅がせると鎮静作用よりも覚醒作用が強く働きましたので、女性にとっては寝ていても目を覚ますくらいの臭いということでしょう。
このようにアンドロステノンは女性が大嫌いな臭いですので、不快に思われたり嫌われたりする原因になってしまいます。
そうならないためにも早めの対応で改善すると良いでしょう。

 

臭いを抑える方法

体臭は自分で気づきにくいので知らない間に周りの人を不快にさせています。
それに、家族や恋人なども不快にさせていますし、もしかしたら言わないだけで嫌われているかもしれません。
だから、体臭に早く気づいて改善したほうが良いのですが、アンドロステノンが原因となる体臭はどのように抑えると良いのでしょうか?
アンドロステノンの臭いを抑えるには抑制効果がある物質をとるのも効果的とされています。
アンドロステノンを抑制する物質とは「キョウニンエキス」という植物成分で、杏子の種子から得られるエキスです。
このエキスを摂取するには杏子を食べる必要がありますが、杏子を食べることはあまりないという人や苦手という人は他の方法で抑えることができます。
その抑える方法とは、しっかり洗う事、健康的な食生活、定期的な運動をすることです。
体を洗う時は強烈な臭いが出やすい耳の後ろ、ワキ、首、背中、陰部などを念入りに洗い、消臭成分が含まれているボディソープなどを使用するのも効果的です。
健康的な食生活とは野菜や果物などの食物繊維を多く含んだ食事に心がけることです。
アンドロステノンはトランス脂肪酸を摂取ると臭いが出やすくなりますので、トランス脂肪酸があまり含まれていない食事に心がけることも大切ですし、肉類中心の食生活の人は肉類を減らして魚類や海藻類、緑黄色野菜などを中心とした食生活に切り替えましょう。
定期的な運動ではウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を続けて行うことです。
この有酸素運動によって体臭を悪化させる活性酸素を抑えることができるからです。
こうした抑える方法を実践しながらデオドラント剤やサプリなどを使用するのも効果的です。
早くアンドロステノンが原因の体臭を抑えたい人は試してみてください。

 

体臭は更年期以降に悪化する

男性は更年期になると体臭が悪化することをご存知でしょうか?
更年期を迎えなくてもアンドロステノンなどが原因となって体臭が出てしまうこともありますが、この体臭が更年期を迎えることによって悪化してしまうこともあるのです。
そもそもアンドロステノンは汗と混ざることによって臭いを強くします。
男性が更年期を迎えるとホットフラッシュなどの更年期症状によって大量の汗を分泌してしまいます。
ですので、その大量にかいた汗とアンドロステノンが混ざって更年期に体臭を悪化させてしまうのです。
また、更年期にはホルモンバランスの変化や様々な体の変化があります。
その変化によって体臭が悪化することもありますし、皮脂や汗などによる加齢臭も発生しやすくなります。
こうしたことからも分かるように、男性は更年期を迎えると体臭が悪化してしまうこともありますので、自分のためだけではなく周りにいる人のためにも早く解決するようにしましょう。

 

臭い対策は根本から

体臭を抑えるには様々な方法がありますが、アンドロステノンが原因となる体臭は根本的な臭い対策が必要となります。
その対策とはアンドロステノンの発生を抑制することです。
年々臭いが強くなる人は何が原因なのでしょう?
詳しくはこちらをご覧ください→臭いの原因
アンドロステノンは主に男性ホルモンの分泌が活発になってワキにあるアポクリン腺から分泌され、汗と混ざったり常在菌に分解されることで臭いが発生します。
こうした過程を抑制すれば根本的な臭い対策となります。
そのためにはキョウニンエキスをとることです。
キョウニンエキスは女性ホルモンと同じ作用があり、男性ホルモンの分泌を抑制してアンドロステノンの分泌までも抑制できるのです。
だから、キョウニンエキスを積極的に摂取して臭い対策してみましょう。

お得な公式サイト↓